ワンパンマン考察

【ワンパンマン考察その82】A級剣士VS弩S編の解説と考察※ネタバレ有

ワンパンマンをもっと知りたい!

このページは「となりのヤングジャンプ」にて連載中、「ワンパンマン一撃マジファイト」の原作である「ワンパンマン」について僕なりの解説と考察をまとめた記事です!まだ原作についてあまり詳しくないという方も、よく知っている!と言う方にも楽しんでもらえる記事を目指しています!!

多勢に無勢

A級剣士3人組は相手が操られているだけの人間だとわかると中々反撃が思うようにできません。

なんとか無力化することで相手に致命傷を与えずにやり過ごすことを考えていましたが、徐々に追いつめられていってしまいます。

そこに助けに入ったのがA級1位のヒーローアマイマスクでした。アマイマスクは3人に対し、自分には策があるからここは任せて別の敵にあたれと指示を出します。

それを聞いた3人はアマイマスクを心配しつつもここは言う通りに一旦引くことにしました。しかし、イアイアンだけは異変に気付いていました。

明らかに操られている私兵団達に対する攻撃の意思を感じ取ったのです。

イアイアンは異変に気付き、アマイマスクが攻撃を仕掛けるその最中に割って入り、私兵団達にとって致命傷にならない攻撃で私兵団を守ります。

その光景に焦った弩Sは鞭の操作を誤り、隙が出来た瞬間にアマイマスクの手によって壁にめり込まされてしまいました。

アマイマスクの正体

余計な手出しをされたとアマイマスクはイアイアン達に怒りを露わにしますが、イアイアン達は取り合いません。アマイマスクが危険な思想を持っているということに気付き、距離を取りたかったのです。

そんな問答をしている間に弩Sが目を覚まし、アマイマスクに向かって反撃をしてきます。

タコのように自在に動く足でアマイマスクに絡みつき、顔面に向かって伸びる舌を突き立てました。

アマイマスクは眼球に舌が突き刺り、普通なら再起不能になってもおかしくないほどのダメージですが、彼は違いました。

眼球に開いた穴から顔全体にヒビ割れており、明らかに人間のそれではないことを伺わせます。

果たしてアマイマスクの正体は!?

本当の姿を見たのは敵の弩Sだけでした。

すぐに顔を修復したアマイマスクはイアイアン達に地上に人質と共に逃げるようにと促します。

ナリンキ私兵団と共に地上へ

なんとか弩Sの猛攻を凌ぎきり、ナリンキ私兵団を救出することに成功したイアイアン達は彼らを連れて地上を目指します。

しかし、行く手を阻む怪人はいくらでも出てきます。

襲ってくる怪人はどれも災害レベル虎にも満たない強さですが、数の力を前にして段々疲弊していく3人。

更には地中から新たな攻撃が始まり、3人は1つ下の階層に落とされてしまいました。

その先で待っていたのが災害レベル鬼「魔ロン毛」でした。

彼は自分の髪の毛を自在に操ることで、攻撃も防御も行うというちょっと変わった怪人です。

全方位からの攻撃に相手の気を読んで対応する3人。

しかし、斬っても切っても魔ロン毛の髪は無くなりません。

ぷりぷりプリズナーの場合

ぷりぷりプリズナーも苦戦はするもののS級らしく次々と怪人を倒していきました。相手にしている怪人の中には監獄の中でぷりぷりプリズナーににセクハラまがい行為を受けたことに腹を立て、「私怨」にてプリズナーを追っていました。

逃げ出し、怪人化した囚人たちを相手にしていたプリズナーの身体をいきなり引き裂いた怪人が居ました。

それが怪人レベル竜「にゃーン」です。

プリズナーとにゃーンのは組み合わせは最悪です。

果たしてプリズナーは敵うのか!?

まとめ

目まぐるしくもサクサクと続いていく本編。

ぷりぷりプリズナーの前に現れた怪人はプリズナーが収監されていた囚人が怪人化した姿でした。

果たしてプリズナーの戦いの行方は!?

次回「混戦!編」です。おたのしみに!

注目の記事はコチラ!!

1

どうも!ナカムラです! 現環境において最強と評価されているゾンビマンの再販が決定しました。 格闘タイプが充実してきた現環境におけるゾンビマンの評価とは!? 最後までお付き合いいただけたら幸いです。 ゾ ...

2

育成らくらく!オススメSSRキャラを紹介! どうも!ナカムラです! 皆さんキャラ育成がんばってますか!?最近赤枠までレベル上げしている方をちらほら見かけるようになってきました。 さて。 せっかく引いた ...

3

どうも!ポケモンは赤緑の時代からやってるナカムラです!おっと年齢がバレてしまう。   青は最初コロコロコミックに応募しないと買えなかったんだぜえ?おっと年齢がばr…   さて。 タ ...

-ワンパンマン考察
-,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.