ワンパンマン考察

【ワンパンマン考察その78】フラッシュVSウィンド・フレイム編の解説と考察※ネタバレ有

ワンパンマンをもっと知りたい!

このページは「となりのヤングジャンプ」にて連載中、「ワンパンマン一撃マジファイト」の原作である「ワンパンマン」について僕なりの解説と考察をまとめた記事です!まだ原作についてあまり詳しくないという方も、よく知っている!と言う方にも楽しんでもらえる記事を目指しています!!

フラッシュVSウィンド・フレイム

閃光のフラッシュを襲ったのは同じ「忍びの里」の先輩にあたる疾風のウィンドと業火のフレイムでした。

彼らの間では何やら因縁があるようで、ウィンドとフレイムはしきりに「終わりの44期事件」と言う言葉を口にしていました。

「終わりの44期」というワードを聞いたフラッシュは全てを悟ったようにただうつむきます。

そして、次の瞬間戦いは始まっていました。

互いに「超高速」を戦闘スタイルに取り込んだ戦いであり、どちらがより速く思考し、実行するかという戦いになりました。

ウィンドとフレイムはかなりの達人ですが、それでもなおフラッシュはそれをわずかに上回ります。

怪人化

人の姿のままでは敵わないと判断したウィンドとフレイムは怪人化することで真価を発揮します。

その速度もパワーも人の姿をしていた時の比ではありません。フラッシュですら背後を取られたことに気付くのに遅れ、回避行動が間に合わずに攻撃を受けてしまいます。

防戦一方のフラッシュですが、彼には狙いがありました。

それはウィンドとフレイムの動きが同調して同じタイミングで隙が出来る瞬間です。

その一瞬を狙い、ウィンドは「絶技」閃光斬で二人同時に切り倒してしまいました。

一瞬の出来事にウィンドもフレイムも理解が追い付かないまま力尽きていき、無念だけが残ったようです。

戦闘を終えたフラッシュは更なる敵を求めてアジト深部へ向かいますが、問題が発生します。

先の戦いでフラッシュは自分の居場所を完全に見失ってしまい、さらには戦いの激しさ故にか通信機器を紛失してしまいました。

完全に迷い途方にくれるフラッシュ。宛てもなく怪人協会本部をさまようことになってしまいました。

最終目標

今回のミッションにおける最優先事項は人質であるワガンマの救出でした。

アジト内部の構造を把握している童帝がその役を担います。

途中、数多くの怪人に襲われるも独自に開発したメカでドンドン相手を蹴散らし、ワガンマの元へと急ぎます。

スムーズにワガンマの元まで辿りついた童帝はそのままワガンマを連れて地上まで避難しようと試みます。しかし、そんな二人の前にまた怪人が現れたのでした。

まとめ

各個突入という作戦をとったヒーロー協会。

怪人協会側からしたら有利に戦局を進められる状況となりました。

これは「人質の救出を最優先する」という童帝の判断によるもので、ヒーローに対する負担は大きくなるが、なにより最高顧問の息子であるワガンマを救出することを最優先した為でした。

ヒーローであるが故に効率よりも弱きを助けることを取った結果と言えるでしょう。

次回「童帝VS機神G5編」です。おたのしみに!

注目の記事はコチラ!!

1

どうも!ナカムラです! 現環境において最強と評価されているゾンビマンの再販が決定しました。 格闘タイプが充実してきた現環境におけるゾンビマンの評価とは!? 最後までお付き合いいただけたら幸いです。 ゾ ...

2

育成らくらく!オススメSSRキャラを紹介! どうも!ナカムラです! 皆さんキャラ育成がんばってますか!?最近赤枠までレベル上げしている方をちらほら見かけるようになってきました。 さて。 せっかく引いた ...

3

どうも!ポケモンは赤緑の時代からやってるナカムラです!おっと年齢がバレてしまう。   青は最初コロコロコミックに応募しないと買えなかったんだぜえ?おっと年齢がばr…   さて。 タ ...

-ワンパンマン考察
-

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.