ワンパンマン考察

【ワンパンマン考察その56】怪人協会編の解説と考察※ネタバレ有

ワンパンマンをもっと知りたい!

このページは「となりのヤングジャンプ」にて連載中、「ワンパンマン一撃マジファイト」の原作である「ワンパンマン」について僕なりの解説と考察をまとめた記事です!まだ原作についてあまり詳しくないという方も、よく知っている!と言う方にも楽しんでもらえる記事を目指しています!!

スネックVSスイリュー

優勝最有力候補スイリューの次の相手はプロヒーローでもあり、蛇締拳のスネックです。

スネック自身はA級であることを誇りに思っていましたが、年々増加する協力な怪人。そして、S級との圧倒的な壁を前に自らの存在意義について悩みを抱えていました。

そんなスネックと対峙するスイリューは大きな苦労をすることなく今の強さを手に入れたと豪語します。その発言に苛立ちを覚えるスネックですが、実力の差は歴然としており、一撃でスイリューに倒されてしまいます。

そんなスイリューの基本的なスタンスは「強いヤツが生き残る」です。それが自然なことだと彼は考えているようです。

怪人の本当の狙い

武術大会が盛り上がっている一方で、市街地を襲う怪人の数は更に増え続けていました。

コンサート会場、病院、監獄とあらゆるところから怪人の目撃・襲撃の情報が挙げられてきています。

これまでの怪人の傾向を見る限り、S級でありながら監獄に幽閉されているぷりぷりプリズナーが目的だと思いきや、怪人はそこにいる囚人達に用があると伝えます。一体何が目的なのでしょうか。

怪人協会

場面は切り替わり、薄暗い地下室のような空間に現れる1つ目の怪しい怪人。

そして、何やらその1つ目の怪人よりも上の地位にいるであろう怪人が問いかけます。「ゴウケツはどうだ」と。

1つ目の怪人はギョロギョロと呼ばれており、戦況を報告し始めました。

ゴウケツの目的は武術大会の会場を襲うことでした。その道中でジェノスと金属バットを再起不能にしたと伝えられます。

覚醒ゴキブリが逃走したあと、ジェノスに接近していた高エネルギー体の存在はこの怪人だったのです。

この怪人はS級を明らかに越えていることが見てとれます。

そんな報告を受けた巨大な怪人をギョロギョロは「怪人王オロチ様」と呼ばれていました。怪人協会の正体はこの怪人王オロチによって結成された軍団であることが把握できますね。

果たして、オロチの強さは!?今後の行方は!

まとめ

ついに現れた怪人協会。相当な実力者が揃っているのは間違いありません。

そして、ジェノスと金属バットを倒してしまうほどの実力のゴウケツが向かったのは大会会場です。

手負いだったとは言えS級二人です。このゴウケツという怪人は明らかにこれまでの怪人とは異質な存在です。

果たして、怪人協会の目的は!?

次回「S級参戦!編」です。おたのしみに!

注目の記事はコチラ!!

1

どうも!ナカムラです! 現環境において最強と評価されているゾンビマンの再販が決定しました。 格闘タイプが充実してきた現環境におけるゾンビマンの評価とは!? 最後までお付き合いいただけたら幸いです。 ゾ ...

2

育成らくらく!オススメSSRキャラを紹介! どうも!ナカムラです! 皆さんキャラ育成がんばってますか!?最近赤枠までレベル上げしている方をちらほら見かけるようになってきました。 さて。 せっかく引いた ...

3

どうも!ポケモンは赤緑の時代からやってるナカムラです!おっと年齢がバレてしまう。   青は最初コロコロコミックに応募しないと買えなかったんだぜえ?おっと年齢がばr…   さて。 タ ...

-ワンパンマン考察
-,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.